レーザー脱毛の珍しい効果

医療脱毛は、医療機関での脱毛ですから、施術も医師が行います。エステではそうではありませんね。


現在、エステの多くは光脱毛機やフラッシュ脱毛機を使用している所が多いですが、パワーの強いレーザー脱毛機は使用できません。
これは医療機関でしか使用されていません。


料金も、一回の施術だけで見ると、医療脱毛の方が一般的に高く設定されている所が多いですが、免許のある医師による施術、治療による安心感、医療機関なので、ちょんとしたアフターケアが行われる所が多い事、また使われる機器もエステよりパワ―のある機械を使っての脱毛なので、結果的に短時間で済み、とくに回数のかさばる永久脱毛で比較した場合、トータルでは医療脱毛の方が安くなる、という見方もできます。
医療脱毛でもエステで行われている脱毛と同様、からだのすべての部分の脱毛ができます。その中でも人気のあるのは、手、脚、ワキとVラインです。

脱毛というと、すべて毛を除去してつるつるにするイメージがありますが、それだけではなく、毛のボリュ―ムをおさえるため、ある程度残しつつ、毛を少なくする、という事も可能です。

医療脱毛で行われるレーザー脱毛、これは毛の色などの黒い色にレーザーが反応して、レーザーの照射により毛を毛根から破壊する方法です。
そのため、毛の短い、色も薄い産毛はレーザーに反応せず、脱毛される事はありません。

これは肌の健康の為にも良い事なのです。体の表面を守る為には、産毛のような多少の毛があった方が良いですし、これらの毛によって体温のコントロールもされているのです。

医療脱毛機でのいたみは、かなり少なく、皮膚表面がちくりとする程度、という体験者が多いです。

脱毛機も家庭用電化製品などと同じく、毎年改良されて。

新しい製品ほど痛みも少なく、施寿時間も短縮されて行く傾向にありますから、痛みや時間が気になる場合は、新しい脱毛機を置いている医療機関、という条件でクリニックを選ぶのも良いでしょう。